マイナンバーを利用するときの注意点

白梅

こんにちは。モモティです。

今回は、「マイナンバーを利用するときの注意点」
について説明します。
・マイナンバーには利用制限があります。
 利用目的以外への利用は、たとえ本人が同意してもできません。
 法律で禁止されています。
 「個人情報」は「個人情報保護法」によりどんなことでも本人が
 同意すれば利用可能です。
 しかし、「個人情報」に「マイナンバー(個人番号)」が含まれると
 「特定個人情報」となり、「番号法」の定めるところにより本人が同意
 しても目的外の利用はできません。
 「番号法」は「個人情報保護法」の「特別法」として位置付けられて
 います。
 「特別法」は「一般法」に優先することになっていますので目的外の
 利用はできないことになります。
・個人番号カードは本人確認のための身分証明書として利用できますが、
 注意をしなければならないことがあります。
 個人番号カードは、表面に氏名、住所、生年月日、性別が記載され写真
 が貼付されています。
 マイナンバーは裏面に記載されています。
 このカードの裏面をコピーできるのは行政機関や雇主など法令で定めら
 れた者に限定されます。
 たとえば、ショップなどで会員カードを作成するとき、個人番号カードは
 身分証明書として利用することができます。
 ショップ側が表面の住所、氏名、などの情報をコピーすることは法律上の
 制限はありませんが、裏面をコピーすることは法律で禁止されています。
 表面のコピーをするとき、裏面のコピーを撮られないよう注意しましょう。
・マイナンバーは免許証番号の控えの代わりにはなりません。
 たとえば、クレジットカード会社に会員情報について問い合せた場合、本人
 確認のために住所、氏名、などの他、カード申請時に身分証明書として送付
 した運転免許証のコピーに基づき免許証番号を求められることがあります。
 しかし、身分証明書として個人番号カードを利用した場合は本人確認のために
 マイナンバーを求められることはありません。マイナンバーの目的外利用に
 あたるため求めてはいけないことになっています。ご注意ください。
以上、「マイナンバーを利用するときの注意点」について
説明いたしました。
次回は、「マイナンバーを提供するときの注意点」
についてお話しする予定です。
お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL