外国人を採用する場合はどうするの

椿

こんにちは。モモティです。
今回は、「外国人を採用する場合はどうするの」を
テーマに説明いたします。
外国人を採用する場合、マイナンバーの扱いは
どうなるのでしょう。
3ヵ月を超えて滞在する外国人は、住民登録が
義務づけられています。
すなはち、マイナンバーが付番されることに
なっています。
まず、外国人を採用する場合は、3ヵ月を超える
中長期在留者に交付される「在留カード」で在留
資格の種類を確認して就労が可能かどうか確認する
ことが義務づけられています。
3ヵ月を超える中長期在留者にはマイナンバーも
付番されていますので、マイナンバーを確認できる
ことになります。
したがって、マイナンバーの提供を求めることと
なります。
結局、マイナンバーが付番されていない外国人を
採用することはできないということです。
また、外国人を採用する場合、注意しなければなら
ない点としては次のようなこともあります。
3ヵ月以上在留する外国人で、住民登録がされ
マイナンバーも付番されていても、
在留資格の種類が「留学」や「家族滞在」などの
場合は、

アルバイトは許可を受ければ可能ですが、

正規社員として就労することはできません。
すなはち、「留学」や「家族滞在」のような
原則として就労が認められない外国人は正規社員
として採用することはできません。
さらに、外国人技能実習生の場合はどうでしょう。
技能実習生は、技能実習に従事し、技能等を修得
したものが、
その技能等に習熟するため雇用契約に基づき
修得した技能等が必要な業務に従事する活動です。
技能実習生が3ヵ月以上滞在する場合は、
中長期在留者にあたり住民登録がされ、
マイナンバーも付番されることになります。
これらの点にも注意する必要があります。
次回は「法人番号(会社のマイナンバー)」
について、お話しする予定です。
お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL