マイナンバーは日本人限定なの

こんにちは。モモティです。

今回は、「マイナンバーは日本人限定なの」

と題して説明します。
マイナンバー制度は、国民一人ひとりに番号
を交付することになっていますが、
どこまでが国民の範囲に入るのでしょうか。
外国籍の人が日本に住んでいたり、
日本籍だけれども、現在は海外赴任中だったり
するケースがあります。
マイナンバーは2015年10月5日時点で
日本に「住民票」がある人が対象になります。
したがって、外国籍であっても、日本籍であっても
マイナンバーの通知はされます。
日本籍だけれども、長期海外赴任中などで
その時点で日本国内に住民票がない場合は、
ナンバーの通知はなく、マイナンバーは交付され
ません。
マイナンバーはあくまでも「住民票」が基準
となって交付されます。
日本人限定という訳ではありません。外国人
にも交付されます。
次のような場合はどうなるでしょう。
長期の海外赴任などから帰国した場合、
2015年10月5日時点で日本国内に
「住民票」がないので、マイナンバーの
交付がされていません。
この場合は、日本に帰国したら、
まず住民登録をして、
その時点で市区町村で確認してもらい
マイナンバーの交付手続きを進めてもらう
ことになります。
ちなみに、
一度マイナンバーの交付を受けた人が、
住民票を海外に移して
将来、帰国した場合はどうでしょうか。
この場合は、既に交付されているマイナンバー
をそのまま同じ番号で使うことができます。

について、お話しする予定です。
お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL