マイナンバーの本人確認ってどうするの(その1)

こんにちは。モモティです。
今回は、マイナンバーを「取得」するときに
避けることができない「本人確認」の方法に
ついてみてみましょう。
マイナンバーのライフサイクルの過程は、
「取得」→「保管」→「利用」→「提供」の
4段階です。
事業者の立場から、「取得」の段階における
「本人確認」をみてみます。
従業員や社外者からマイナンバーを受け取る
ことを「取得」といいます。
マイナンバーを「取得」するためには、
 ①マイナンバーの利用目的を明らかにする
  こと
 ②「本人確認」をすること
が必要になります。
「本人確認」とは、
 ①番号確認 
 ②身元確認
をすることです。
この段階で手を抜くと「なりすまし」の
被害が発生することになってしまいます。
「本人確認」の方法については、
次にあげるマイナンバー取得の場面により
異なります。
1.直接本人から取得する場合
2.代理人から取得する場合
3.遠隔地の人から取得する場合
4.扶養親族から取得する場合
の各場面ごとに「本人確認」の方法
について説明いたします。
今回は、
1.直接本人から取得する場合
について説明いたします。
・番号確認について
正しい番号であることの確認をします。
「個人番号カード」があれば、
「番号確認」と次に説明する「身元確認」
が同時に行えます。
「個人番号カード」がない場合は、
「通知カード」または「個人番号が記載
された住民票」の写しで確認します。
番号確認資料は「保管」する必要は
ありませんが、
本人確認後の追跡調査が可能となるため、
現実的には「保管」することが
多いようです。
ただし、番号確認書類は「特定個人情報
(マイナンバーの入った個人情報)」と
なるため、
事業者に課せられている安全対策義務に
対応して、「安全管理措置」を講ずる必要
があります。
次に
・身元確認について
手続きを行なっている者が、正しい持ち主
であることを確認します。
「個人番号カード」があれば、
番号確認と身元確認が同時に行えます。
また、運転免許証などの写真付身分証明証
があればそれで身元確認が行えます。
しかし、写真付身分証明証がない場合の
身元確認は、「健康保険証と年金手帳」
など2種類の書類が必要になります。
なお、身元確認書類はコピーすることは
可能ですが、
保管する必要はありません。
以上、マイナンバーのライフサイクル
のうち「取得」の段階で必要な
「本人確認」方法の
「1.直接本人から取得する場合」
について説明いたしました。
次回は、「本人確認」方法の
「2.代理人から取得する場合」
についてお話します。
お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL